占いと吉方位旅行で金運・仕事運アップ!開運を目指して働く女子の備忘録

金運アップとキャリアアップを目指し、スピリチュアルと吉方位旅行と占いにお金と時間を掛けて奮闘中。自分の経験したこと、検証したことをこのブログで紹介していきます。

八重垣神社の鏡の池の縁占いはすごい!

こんにちは。お盆は、いかがお過ごしですか?

明日から、通常勤務の方もいらっしゃっると思います。今日の残りの時間、ゆっくりお過ごしくださいね。

さて、7月下旬に旦那様と2泊3日で島根に行ってきました。

もちろん、有名なのは、出雲大社なのですが、今回は、その前に、八重垣神社を紹介します。

八重垣神社では、100円を出して、縁占いをすることができます。

こちらは、本殿です。お詣りをしたら、神札授与所にて100円で紙を購入。池に向かいます。


f:id:sakipuh1029:20180815142430j:plain
恋愛成就、結婚を願う女性たちが多く参拝する八重垣神社。この日も、私達夫婦とレストランから同じルートを回って、八重垣神社に来た女子4人がいらっしゃいました。

私は、結婚していますので、もちろん、仕事のことを思い描いて、占いをしました。


f:id:sakipuh1029:20180815142526j:plain

f:id:sakipuh1029:20180815142603j:plain



池に紙を浮かべ、100円玉をそっと乗せます。ドキドキ。

鏡の池の歴史は、こちら。

稲田姫命が八岐大蛇の難を避けるため、八重垣にお隠れになった時に飲料水とし、また御姿をお写しになられた池と伝えられています。稲田姫命の御霊魂が深く滲透した池は、ご縁の遅速を占う池として知られ、池の奥には稲田姫命をお祀りする「天鏡神社」が鎮座しています。
池に占い用紙を浮かべ、硬貨(十円または百円)をそっと乗せてください。早く沈めば(十五分以内)縁が早く、遅く沈む(三十分以上)と縁が遅く、近くで沈むと身近な人、遠くで沈むと遠方の人とご縁があると伝えられています。
 恋愛、結婚等の縁に限らず色々な縁や願い事、また代理でその方を思いながらの占いもできます。

【八重垣神社HPより引用】

f:id:sakipuh1029:20180815142721j:plain

私の紙には、「人の助けを借りてみる」と書いてありました。なるほど。何となく、分かるような気がします。
f:id:sakipuh1029:20180815142746j:plain

ドキドキしながら、沈むのを待ってみます。2分くらい経った頃でしょうか。
ただ、浮かんでいただけの紙が少し動き始めました。そして、少しずつ、100円玉の重みで沈み始めました。

沈む様子をじっくり見ていると、イモリが近づいてきました。
このイモリが紙に近づいてくると、幸運があると言われていています。見られたらラッキー!イモリが浮かべた紙の上を歩いたり触ったりしたのを見ることができた人は、より素晴らしい縁が待っているのだとか。

え~!イモリ、来ましたよ。写真で分かりますか?

f:id:sakipuh1029:20180815142844j:plain

そうこうしているうちに、どんどん沈み始める紙。私の浮かべた紙は、2分40秒で沈みました。

思わず、「おー。」と叫んだ私に、周りの人たちが拍手してくださいました。ありがたや。

2分40秒だから、速い方だと思います。

このあと、どうなるか。今後も検証していきたいと思います。

八重垣神社 〒690-0035 島根県松江市佐草町227
0852-21-1148

お久しぶりです。

お久しぶりです。
こんにちは。
ブログ更新とブログ公開の制限をかけて約2か月経ちました。

それには、理由があります。

6月下旬、母親が病気で倒れて入院しました。

やっと退院しましたが、それまでは、ブログどころではありませんでした。

よって、7月の同会、吉方位旅行は、キャンセルになりました。行きたかった。香港。



香港で行く予定だったオプショナルツアーもキャンセルしました。

代わりに、7月下旬に旦那様と出雲へ行きました。

でも、台風12号と共に西に向かうことになりました。

これら、すべて今後のブログでご紹介していけたらと思います。

もし、少しでも気にかけてくださった読者様がいらっしゃいましたら、また、通常運転して行きますので、よろしくお願いします。

f:id:sakipuh1029:20180813085634j:plain

出雲空港にいたゆるキャラしまねっこ

明日6月28日は、山羊座満月です。

こんばんは。

明日は、山羊座満月ですね。

f:id:sakipuh1029:20180627222919j:plain

写真は、おかげ横丁うどん屋の前にいたネコ。中に入れてほしくて、待っている姿が健気でした。

あっという間に2018年も半分過ぎますね。

6月28日(木)は山羊座満月です。山羊座満月に使いたいキーワードは…

「ポジション」「ステイタス」「名誉」「表彰」「訓練」「ハイクオリティ」「伝統」「時間」「賢明な判断」「成熟」「保険」「介護」「老年期」「自己鍛錬」「大人の言動」「初志貫徹」「持久力」「勤勉」「野心」「目標設定」「チャンス」「手順を踏む」「達成」「社会的地位」「賞賛」「管理能力」「承認」「正当な評価」「尊敬」「任せる」「権威者」「存在感」「説得力」



山羊座が支配する器官は、「骨と関節」「膝(ひざ)」「胆嚢(たんのう)」「皮膚」

満月は、願い事というより、叶ったこととして感謝をする書き方になります。

例えば。

「この3年間、着実にキャリアアップすることができました。時間をかけて努力したことが結果につながりました。本当にありがとうございます。」

「頑張っても、どうせ認められないという諦めを捨て、自分の頑張った姿を理解してもらうことができました。ありがとうございました。」

「成功した自分をイメージしたことで、実際に成功を引き寄せることができました。本当にありがとうございました。」

「私は、収入アップと貯蓄率アップを目指し、毎日の金銭管理に対する努力を忘れないようになりました。ありがとうございます。」

などがあるかなあと思います。

ぜひとも、叶ったつもりで書いてみてください。

伊勢神宮の内宮とおかげ横丁に行ってきました。

さて、伊勢神宮の続きです。


伊勢神宮の外宮に行ったあとに、内宮に行こうと向かいましたが、土曜日の午後1時頃だった為、駐車場が大渋滞。

結局、次の日の日曜日に行くことにしました。

朝10時くらいに到着して、駐車場を探しました。前日よりは、混んでいませんでした。

皆さんが参拝する時は、朝早めの参拝をお勧めします。

f:id:sakipuh1029:20180625203151j:plain

駐車場からおかげ横丁に行く途中に紫陽花が咲いていました。

f:id:sakipuh1029:20180625203319j:plain

橋を渡り、鳥居で一礼してから向かいます。

内宮は、正式名称「皇大神宮」といいます。

いわゆる、伊勢神宮詣でというと、こちらを先にイメージする方が多いと思います。



少し歩くと、手水舎があります。

f:id:sakipuh1029:20180625203605j:plain

f:id:sakipuh1029:20180625203653j:plain

内宮の神楽殿では、お守り、ご祈祷の受付をしてくださいます。また、今流行りの御朱印は、こちらで書いていただけます。

ただ、御朱印帳に関しては、歩いて5分程の参集
院 に売っていますので、前もって用意しておいた方が賢明です。


f:id:sakipuh1029:20180625203742j:plain

f:id:sakipuh1029:20180625204154j:plain

内宮の橋を渡ってすぐの場所に赤福があります。

そちらで赤福氷をいただきました。

f:id:sakipuh1029:20180625204403j:plain

中に赤福餅が入っています。暑い日だったので、美味しかった~。

帰りは、おかげ横丁に寄りました。

f:id:sakipuh1029:20180625204544j:plain

f:id:sakipuh1029:20180625204609j:plainf:id:sakipuh1029:20180625204639j:plain

基本、内宮はいつまでも混んでいます。特に、この日は、どなたかの結婚式があったようで、非常に混んでいました。

7月は、同会の月です。ぜひとも、伊勢神宮詣でに行ってみてください。

伊勢神宮の外宮に行ってきました。

こんにちは。私は、先週、伊勢に行ってきました。
旦那様の仕事についていったので、旦那様を仕事先に送り届けて、まず行ったのは、伊勢神宮の外宮。

伊勢神宮詣でには、ルールがあって、外宮をお参りしてから内宮をお参りするそうです。

伊勢市駅から歩いて行ける方が外宮で、おかげ横丁がある方が内宮ですね。

最初は、なかなかわかりにくい。

初めて伊勢神宮に行った時が、7年前。母と一緒に行ったのですが、内宮しかお参りしませんでした。


下調べゼロね。

次に行った時は、友人と。内宮から外宮のコースで行ってしまいました。

これって、やっては行けないパターンみたい。


今回、やっと外宮から内宮のコースで行ってくることができました。

ちなみに、駐車場は、無料です。

外宮は、左側通行。内宮は、右側通行らしいので気をつけてください。

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮
三重県伊勢市豊川町279

f:id:sakipuh1029:20180624151718j:plain

こちらは、手水舎です。鳥居の外にあります。

f:id:sakipuh1029:20180624153935j:plain


f:id:sakipuh1029:20180624145551j:plain

f:id:sakipuh1029:20180624145633j:plain

この石は、「三つ石」と言って、手をかざすと温もりを感じることができるそう。エネルギーがある石だそうですです。

f:id:sakipuh1029:20180624145732j:plain

お守りは、外宮も内宮も同じものが売られています。
こちらの神楽殿で御祈祷も受け付けていただけます。

f:id:sakipuh1029:20180624151352j:plain

神域の入口には、防火のためにつくられた堀川が流れています。その川にかけられているのが火除橋です。

f:id:sakipuh1029:20180624202813j:plain

豊受大神宮の入口です。

f:id:sakipuh1029:20180624202905j:plain

こちらは、多賀宮の看板ですね。別宮の多賀宮も正宮の豊受大神宮も写真撮影が禁止となっています。

また、動物が入ることも禁止されています。気をつけてください。

それでは、また。次回は伊勢神宮内宮とおかげ横丁についての記事を書こうと思っています。

伊勢の駒屋餅店は手相を見てくれます。

こんにちは。私は今、伊勢に来ています。

今日は、伊勢神宮の外宮に行ってきました。
その外宮から歩いて行ける餅屋を紹介します。

こちらの駒屋餅店さんは、さわ餅が有名な和菓子のお店ですが、年配の女性が、手相を見てくださいます。

f:id:sakipuh1029:20180616175525j:plain

有名なさわ餅はありませんでしたが、デコポンのようかんを買ったら、無料で見てくださいました。

ちなみに、商品を買わないと、10分で500円だそうです。

両手を見て、すかさず「子供の頃、花粉症で苦しんだりした?」と尋ねられました。

私は、「いえ。アレルギーはありません。」と答えました。

「小さい時、喉から肺の上あたりが弱かったことが出ているよ。」と言われたので、「そう言えば、小さい時、気管支炎によくかかっていました!」
と答えました。

「そうだろうね。こちらは、一見、気が強く見えるけど、本当は、弱いのよね。これくらい、言っても大丈夫って相手に思われるけど、心では泣いているタイプよね。実は、傷つきやすい。でも、乗り越えていく線があるから大丈夫ですよ。」と言われました。

「何で分かるんですか?」との私の問いに「4000人以上も見てるから、顔と手で分かるのよ!」と。

そして「神秘十字線と仏眼があるから、スピリチュアルな力もあるのよね。それとご先祖様に守られているわね。」とも言われました。



「なるほど~。確かに、ギリギリのところで守られている気がします。あのー。キャリアアップを目指しているのですが、どうですか?」と私が聞くと、
「そうね。ここで運命線が切れて、二重線になっているからここが節目ね。」との答えが。

「これって、何歳ですかね~。」という私の問いに「うーん。手相は、たった2カ月で変わるからね~。」と言われました。


「手相は統計学だから、自分からパワフルに動けばいいのよ。」と。

あとは、男社会に負けちゃだめよ~、と元気をもらいました。


f:id:sakipuh1029:20180616183445j:plain

650円の羊羹を買って、10分近く見て頂いたので、お得感、満載です。

伊勢神宮の外宮にお越しの際は、ぜひ、寄ってみて下さい。

今日は、奇門遁甲の玉女守門が回っています。

こんにちは。私は、今、伊勢にいます。
夫の仕事のついでに南西の吉方位旅行中です。

f:id:sakipuh1029:20180616150028j:plain
でも、本当は、奇門遁甲で南東が吉方位です。

今日は、恋愛運アップの”大吉格”、「玉女守門」が、南東に回っています!

玉女守門=争いが解ける、和合する、男女ともに異性の喜びが起きる、要領や才能を使ってうまくいく、玉の輿に乗れる、恋愛運アップ。

男女ともに異性の喜び、とありますが、とくに女性にとって、素晴らしい恋愛運を呼ぶ大吉格です。将来性のある男性との恋、そして、玉の輿のような結婚につながります。

今からでも、土日で旅行に出かけてみてください。

私は、九星占術の月盤、吉方位旅行をしていますが、詳しくは、また次の記事で。

最初に行った伊勢神宮の外宮

f:id:sakipuh1029:20180616150107j:plain

f:id:sakipuh1029:20180616150732j:plain

それでは、また。